オンライン学校講演で学んだこと

野球
こんにちは!
理学療法士のこーけつです。

昨日、オンラインでの学校講演を開催したので、学んだことや次回への課題を共有させて頂きます!

こーけつ
こーけつ

 

 

そもそも学校講演とは

 

聞き馴染みの無い方もいらっしゃるかと思いますので、サクッと学校講演について紹介させて頂きます。

 

シンプルに伝えると、理学療法士が学校の生徒に対して、障害予防やストレッチ、テーピングなどを指導する講演です。

 

それを我々は学校講演と呼んでいます。

 

対象者は依頼があった学校で、当法人の実績としては公立中学校公立高校です。

私自身の実績は公立高校での学校講演を3度経験させて頂き、今回のオンライン開催は初体験です。

 

ちなみに…

講演したことある内容は、

①捻挫についての評価,実技,テーピング

②ウォーミングアップとストレッチの講演,評価,実技

こんなところです。

 

 

オンライン学校講演で学んだこと

 

紹介はほどほどにして、振り返りをしていきますね!

 

まずは…

生徒のリアクションは心配ない!

 

これは正直驚きです。

もっと1人で画面に向かって話すだけかと思いましたが、画面の向こうの40人程の生徒さんがリアクションをとってくれていたからです!

(高校生を可愛く感じた私はおじさんですかね?笑)

 

今回は実技で生徒さん自身が、自分の体の動きをチェックして、実技を行った後の変化まで感じてもらう仕組みでした。

 

周りの生徒同士でリアクションとっているのが、私にもビンビンに伝わって来て楽しかったです!

 

次回への課題

 

基本的にはいい感じに運営をすることが出来たので、講演自体は成功したように感じています!

 

強いて挙げるとしたら…

学校の先生とのコミュニケーション不足

と言ったところでしょうか?

 

例えば…

何人か声をかけても良い生徒をピックアップして頂いて、事前に名前を聞いておくことで、生徒とのやり取りがもっとスムーズに、そして質が良く運営することが出来たかな~、と講演中に話しながら思っていました笑

(じゃあと途中から名前聞くとかしろよ!)

と今、タイピングしながら反省中…

 

しかし、終わってしまったことを悔いてばかりでは次に進まないので、次回の講演をするスタッフに引継ぎをしていきたいと思います。

 

 

今回も緊張な経験をさせて頂きありがとうございました!

以上!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました