子ども体力を上げる必勝法~体力テスト7年連続最下位を抜け出す方法は!?~

理学療法士
こんばんは!
こーけつです。
今日は、8月9日に豊橋市の図書館で教室の講師をさせて頂いたので、サラッと感想を書く回です。
こーけつ
こーけつ

子ども体力を上げる必勝法~体力テスト7年連続最下位を抜け出す方法は!?~

 

タイトルの通りですが、子どもの体力は年々下がっており、特に愛知県の小学生は7年連続最下位という、不名誉な称号を頂いております笑。

 

さらに豊橋市は最下位の愛知県の中でも下位に位置するそうで、豊橋市や当法人のリハ部の部長はこの辺をなんとかしたいと思っています。

 

そのタイミングで図書館でこの様な機会を頂いたので、豊橋市の小学生の部活動の代わりに当法人が行っている活動を絡めて、教室を開催させて頂きました。

 

 

今回の話の結論は以下の通りです。

 

①小学生は1日60分は外で遊びましょう!

②運動時間を増やせば体力向上・健康になる・学力向上の効果が期待できる

 

これらの内容を噛み砕いて、参加して頂いた小学生やそのお母さん、いつも当法人の教室に参加して下さるおばあちゃんにお伝えしました。

 

 

正直、パワーポイントで話している時は、小学生の子達はあんまり興味なさそう笑

数分前に話した内容を彼らに聞いたところ、まったく答えられず笑

 

 

しかし、教室の最後に一緒に講師を務めた後輩君がラダーを使って運動をすると、めちゃくちゃ楽しそう♬

当たり前か…笑

 

 

 

今回の教室で面白かったのは、良く運動する3人と、ゲームが好きな1人の組み合わせで、はっきり運動能力の違いが見れたこと!

 

子どもロコモチェックという、運動能力の低下を見る検査で、良く運動する運動好きな3人は4項目中全てクリア!

さすがですね👍

 

しかし、ゲーム好きな1人は1項目だけクリアできず…

 

そしてその彼は普段から疲れやすい、眠れないとの訴えも…

 

 

参加者はたった4人だから明らかなことは言えないけど、今回の教室で伝えたかったことを彼らに伝えることができました。

 

ゲームが好きだと運動時間が短くなり、運動能力が低くなってしまう

そして子どもロコモに陥ってしまい、疲れやすいなどの不定愁訴が生じる

体調が悪くなり易いから運動時間が減る…

 

こんな負のスパイラルが考えられますよね!

 

 

ここからが感想

 

今回は、参加者がいるのかどうかすご~く心配でしたが、なんとか7~8人の方々が参加してくれました。

 

教室の講師をする時は、大人数の方がしゃべりがいがあって充実感を感じるけど、今回みたいな少人数でも密度を濃く開催することができました!

 

だけど、参加者がいつもより少ないのは自分たちの力不足なのは間違いないので、もっと集客力を高めないとですね💦

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました