粘り勝ちの秋季県大会初戦

野球
こんばんは!
こーけつです。

今日は定期的にサポートしている高校が秋季県大会初戦だったため、観戦に行ってきました!

サラッと感想を綴ります。

こーけつ
こーけつ

 

地区予選は観戦出来なかったため、新チームの公式戦初観戦!

 

練習試合では強豪とも互角に戦っていたと事前に情報を聞いていたため、初戦はなんとか勝って欲しいと願い、2時間ドライブしました。

 

 

結果的には2vs1と勝つことは出来ましたが、課題が多く残る試合だったかと思います。

 

私は理学療法士の立場なので、技術的なことは分かりませんが、

「外野フライが多いな~」

という印象。

 

しかし、強い打球で転がせば相手のエラーで出塁し、先制点もゴロを打った結果相手のエラーを誘っての1点でした。

 

感覚的な話はあまりしませんが、

「野球ではフライよりゴロを打て」

これは昔から変わらないな~という感想です。

 

 

理学療法士的な視点から見ると登板した2人の投手に注目。

 

先発した投手は四球が多い…

なんとなくランナーがいない時より、ランナーを背負っている方がコントロールが安定していたような

 

ランナーがいないワインドアップやノーワインドアップは動きが複雑になりやすく、意外とクイックで投球した方がシンプルに投げられる選手もいる印象があって、そんな印象を受けました。

 

 

2番手で2イニング登板した投手…

2週間前に指導者の方と気になっていた部分が、修正されていたのでビックリ!

 

指導者の方から

「纐纈さんが伝えたメディシンボール(MB)トレーニングをやっているそう」

との報告を受けていた為、修正に一役買えていたなら幸いです。

 

 

試合後には腰痛の選手の介入を5分程度、内側野球肘の選手の状態確認と投球スケジュールの変更をしました。

 

10年振りにお話しできた先生もいらっしゃったので、嬉しかったですね!

あ、あと今年大学1年生になった後輩も元気そうで何より。

 

 

来週は中津川までドライブして、サポート高校の試合のついでに県立岐阜商業の試合でも観ようかな?

 

以上!

 

来週も勝てよ!!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました