野球関係者の方へ

「しばらく野球禁止です」

 

 

自分の子供がこれを言われたら…

また自分のチームの選手が言われたら…

 

あなたはどんな気持ちになるでしょうか?

 

 

医師からこんな風に言われる選手を

1人でも多く減らすためのページです…

 

<過去の記事>

Vol.14 ストレッチの真実!じっくりストレッチからの運動…してませんよね?

Vol.13 筋肉を大きくしたい人必見!筋肥大の方程式/トレーニング強度×回数×セット数

Vol.12 筋トレを効果的にする食事

Vol.11 トレーニングシリーズ~腰痛編~

Vol.10 トレーニングシリーズ~野球肩編~

Vol.9 RICE処置はもう古い?新たな考えPEACE & LOVE

Vol.8 理学療法士が行う野球リハビリテーション

Vol.7 睡眠とケガ

Vol.6 脱水症を攻略

Vol.5 afterコロナで怖い熱中症

Vol.4 野球の投球で生じるケガ~投球障害はなぜおきるのか~

Vol.3 コロナ自粛も悪いことばかりではない

Vol.2 子どもは大人のミニチュアじゃない

Vol.1 野球の投球で生じるケガ~野球肘編~

 

 

<トレーナー活動>

1ヶ月に1度の頻度で、岐阜県公立高校硬式野球部のトレーナーをさせて頂いております。主な活動内容は選手への個別のコンディショニング・クーリングダウンやトレーニングの指導・メディカルチェックなどを行っております。

野球界ではまだまだ精神論・根性論が根強く残っている様に感じます。他のスポーツはどんどんデータや医学的な視点が参入している中、特に学生野球ではイマイチ浸透しておりません。私がチームに関わることによって、医学的な視点から切り込んでいきたいと考えています!

 

<過去の記事>

Vol.2 こーけつのトレーナー活動日誌

Vol.1 遠隔でのトレーニング介入

 

 

 

<予防事業>

整形外科クリニックで勤務している中で、野球によるケガをした選手を多く担当させて頂きます。しかし、医療機関の管理では選手を完全な復帰まで見届けることが難しく、正直プレー状況が曖昧なままリハビリを卒業する選手も少なくありません。またクリニックという性質上、ケガをしている選手を相手にするため、ケガの予防に携わる事が出来ません。

そのため、ケガの予防からスポーツ完全復帰までを支援できる教室の開校を現在企画しております。

新型コロナウイルスの影響にも左右されるかもしれませんが、令和3年度よりスタート出来るよう準備しております。こちらのブログでも随時、近況報告をさせて頂きます!

 

<過去の記事>

Vol.1 予防事業開始までの道のり

タイトルとURLをコピーしました