私と同じく、

野球のケガやアレルギー疾患で悩む方の力になれる男のブログ

トップページ

こんにちは、こーけつ(koketsu_yu0609)です!

 

整形外科クリニックで理学療法士として勤務する傍ら、公立高校硬式野球部のトレーナーをしています!

こーけつ
こーけつ

 

こちらのブログは、私自身が野球のケガやアレルギー疾患によって普段から悩み、経験していることを発信していくプラットフォームです!

 

 

私のプロフィール

 

名前は、纐纈悠(こうけつゆう)と言います。

 

愛知県の整形外科クリニックで理学療法士として勤務しています。

理学療法士とは、病院やクリニックに通院や入院されている患者様に対して、リハビリテーションを行っています。

肩や腰の痛みを緩和することや、日常生活に悩みを抱えている人の悩みを解決するようなことを仕事としています。

 

そして、

クリニックで勤務する傍ら、様々な形で野球選手を中心としたスポーツ選手と関わる機会を作って活動をしています。

 

 

◆高校野球大会のメディカルサポート

 

私は職場のスポーツ班という班の代表をしており、毎年秋と春の愛知県高校野球地区予選大会でのメディカルサポートを実施しています。

これの活動は、試合会場にて試合でケガした選手のケアや、試合後に選手の症状に対するコンディショニングを実施しています。

 

他にも甲子園大会でも年に2回、夏と春の大会の大会で同様な活動をしています。

 

 

◆地域でのスポーツ障害予防教室

 

これも職場のスポーツ班での活動です。

年に数回、地域の小学生から大人までの様々な年代に対して、スポーツ障害に対する講演をしています。

 

これは野球だけではなく、様々なスポーツに対する内容を取り扱っています。

 

ただ、今年度からは野球に特化した「ジュニア期の野球障害予防教室」も開催予定となっています。

これは数年間は年に数回開催していく予定です。

 

 

◆公立高校硬式野球部トレーナー

 

私は現在は愛知県で勤務しておりますが、出身は岐阜県です。

青春時代を過ごして地元で1ヶ月に1回程の頻度でトレーナー活動をしています。

 

主な活動内容は…

⓵個別での選手のコンディショニング

②クーリングダウンの指導

③トレーニング指導

④日々の選手の疲労、痛みの管理

⑤LINEオープンチャットを用いた選手とのコミュニケーション

 

コロナ禍において、現場へ行ける機会が減少している分、LINEを使って選手と直接コミュニケーションをとっています。

 

 

ケガと病気と向き合う日々

 

まずは私が負っているケガについてです。

これは、投球障害肩です。いわゆる野球肩ですね…

 

ケガをしている選手を診ているのに、自分もケガしているのか…

 

なんて思われているでしょう笑

こーけつ
こーけつ

 

私は草野球をしているので、本当は肩が痛くなく野球がしたいです笑

誰でもそうですよね笑

 

しかし、私のメインは仕事や院外活動であるため、自分の肩とまじめに向き合う時間が十分に確保できておりません💦

 

ちゃんと向き合います!

 

 

ここでお伝えしたいのは病気の方です。

 

好酸球性副鼻腔炎

 

これはいわゆる蓄膿(ちくのう)ですね。

鼻の中に鼻水が溜まっていたり、ポリープ(鼻茸)が出来たりします。

 

私は常に鼻水が出ており、お酒を飲むとそれが悪化していました笑

かれこれ1年以上禁酒しています。

 

ちなみ2020年10月に鼻の軟骨とポリープを切除する手術も受けているので、おいおいその話もしていきます。

 

 

アトピー性皮膚炎

 

これは、とにかく全身が痒(かゆ)くなります。

私が著明に症状が出て悩まされているのは、「風呂上りの全身の痒み」ですね。

 

入浴後は全身を保湿するのが日課です。

 

 

③気管支喘息

 

小学校へ入学する前は、小児喘息に悩まされておりましたが、大人になった今も喘息に悩まされております。

 

3年ほど前には3日間は横になって寝れなかったので、座椅子で寝た経験も持っています。

趣味のランニングをしていて、歩けないほどの呼吸困難に陥ったこともしばしば…(走るなよっていってやって下さい笑)

 

 

その他

 

こんな感じでまあまあ様々な経験をしているこーけつですので、きっと世間のお役に立てると考えております。

その他にも、私の生活で言語化したいことや、読んだ本の感想とか様々なことをこちらで残していきますね!

 

お楽しみに〜

タイトルとURLをコピーしました